のんびり女子ブログ

毎日を楽しく、便利に。

【実体験】コミュ障がコールセンターでバイトした感想。案外コミュ障でも働ける

コールセンターで働く女性のイラスト

私はコミュ障ゆえに数多くのバイトを辞めてきたのですが、その中の一つが「コールセンター」です。

 

コミュ障を少しでも改善しようと思い、勇気を振り絞って恐る恐るコールセンターのバイトを始めたのですが、これが意外にも働きやすかったのです。

 

コールセンターというと喋ることがメインのお仕事なので、コミュ障には最も不向きなイメージですが、案外うまくやっていけました。

 

今回は、コミュ障の私でもコールセンターで働けた理由・コールセンターで働いてみた感想など書こうと思います。コールセンターでバイトを考えている方に参考にしてもらえたら嬉しいです!

 

 

コミュ障でもコールセンターで働ける3つの理由

なぜ会話がメインの仕事なのにコミュ障でも働けるのか?

それは「マニュアルがある」「挙動が見られない」「結局慣れる」の3つが理由です。

これらについて詳しく書いていきます。

 

マニュアルを見ながら話せるので安心

私は知らない人との雑談がとっても苦手です。何喋っていいか頭がまわらなくなるんですよね...

ですが、コールセンターでは何を喋ればいいか決められていますし、相手が何を話してくるかもわかっています。

「お電話ありがとうございます」から「失礼いたします」まで事細かに書かれた紙を見ながら話すので、ただ読めればOK。

 

「人とお喋りするの苦手...」って人でも、雑談能力はコールセンターでは不要なのでなんとかなります。

マニュアル外のことを聞かれたら、上司に確認すれば大丈夫でした。

またマニュアル外で聞かれることもだいたいパターンが決まっているので、そのうち上司に確認しなくても答えられるようになります。

 

挙動が見られない

 コールセンターと接客業との違いが、「自分の姿を相手に見られない」ということです。

これは意外と大きく、相手に見られていないということで、コミュニケーションによる疲れが半減します。(※私の感覚では)

 

ミスをして相手を怒らせてしまっても、面と向かって怒鳴られることはありません。最悪電話をガチャ切りすれば逃げられます。

(※もちろんそんなことはしてはいけませんが、逃げ道があるということで精神的に楽になります)

 

自分がどんなに嫌な顔をしても、焦った顔をしても、挙動不審にソワソワしても、相手には見られないから安心。平然を装って声さえ出せればOK。

 

3日で慣れる

 最初は死ぬほど緊張しますが、3日もすれば慣れます。

慣れればマニュアルをほとんど見なくても喋れるようになります。

正直、自分がこんなにスラスラと喋れるんだということを、コールセンターのバイトで初めて知りました。ちょっと自信が持てた…

 

初めの頃は電話をとる度に緊張していましたが、毎日何十件と同じ電話をとっているので、数日もすれば全く緊張しなくなります。

 

ですが、やっぱり研修の時と初日の緊張感はヤバイです。本気で吐き気を催しました...

 

コールセンターのバイトをする際に気を付ける事こと

注意マーク

コミュ障の方がコールセンターのバイトをする際に1番気を付けてほしいことが、必ず「受電」のお仕事を選ぶことです。

商品の注文受付や、お問い合わせ、コンサートの予約受付など。ちなみに私がしたのは、イベント参加の電話受付。

 

営業などの発信業務になると一気に難易度があがるので、コミュ力に自信がないのなら避けましょう。

 

もう一つ気を付けてほしいのが、コミュ障でも案外働けるけど、コールセンターはストレスが溜まりやすいということ。

やっぱりクレームもありますし、その場ではなんとか対応できても、人から嫌な言葉を言われたらなんとなくモヤモヤが残るものです…

 

初めてコールセンターでバイトする際は、できれば短期から始めることをオススメします!

 

まとめ

 いかがでしたか?

私はコールセンターで働いたおかげで、電話への苦手意識が大分なくなりました。

一緒に働いていた方々のおかげで、感じのいい喋り方も勉強できたと思います。

ただ、コミュ障とか関係なく精神的ストレスの感じやすいお仕事なので、短期バイトなら平気だけど、長期となるとキツイかなあと感じました…

 

 あくまで私が実際に働いてみて感じたことなので、会社によって違うところもありますが、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

以上、コミュ障がコールセンターでバイトした感想でした。

 

freeatlast.hatenablog.com

freeatlast.hatenablog.com